FC2ブログ

World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
http://ManaNomoto.com

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

Annual Outrigger Canoe Race 2018

The summer event "20th Annual Sadayori Cup・ Human Resource Discovery Ocean Race" that everyone is looking forward to was held on July 1st.
Some gets very serious to win, some are just enjoying event and a summer beach.
Everyone from small kids to adults enjoyed a summer day on the beach.

Congratulations to all the winning teams!


みんなが楽しみにしている夏のイベント「第20回貞頼杯・人力発見海洋レース」が今年も開催されました。
優勝目指して練習を続けてきたチーム、イベントや夏の海を楽しむチーム、
小さな子どもから大人まで、みんな夏の一日を楽しんでいました。

優勝チームの皆さんおめでとうございます!

_24A8505_2018_7_1.jpg

_D6A5727_2018_7_1.jpg

Kids division winner キッズクラス優勝チーム


_24A9658_2018_7_1.jpg

_D6A5898_2018_7_1.jpg

Mens division winner 男子クラス優勝チーム


_24A9280_2018_7_1.jpg

_D6A6121_2018_7_1.jpg

Women’s division winner 女子クラス優勝チーム


_24A8958_2018_7_1.jpg

_D6A6135_2018_7_1.jpg

Mens & Womens mix division winner 男女混合クラス優勝チーム


_24A8722_2018_7_1.jpg

Tokonatsu Sentai Boniranger 常夏戦隊ボニレンジャー


※ Images displayed with approval of competitors and children's parents.
 画像は選手の皆さんと親御さんの了承を得て掲載しています。


ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    


| Event・イベント | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Ogasawara Islands 50th Anniversary of Reversion



June 26th is the 50th anniversary of the Ogasawara Islands being returned to Japan from under US military rule after the Pacific War.
Ogasawara Islands that traced a unique history and culture.

Many administrative officials such as Mr. Keiichi Ishii, Minister of Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism and Ms.Yuriko Koike, Governor of Tokyo were attend the commemorative parade and ceremony for the Ogasawara Islands 50th Anniversary of Reversion on June 30th.

Forever the beautiful nature of the Ogasawara Islands that is proud of the world.

Ogasawara Village


6月26日は太平洋戦争後の米軍統治下から小笠原諸島が日本へ返還されて50周年目の節目の記念日。
特異な歴史と文化を辿った島・小笠原。

30日の「小笠原諸島返還50周年」記念パレードと式典には、石井啓一国土交通省大臣、小池百合子東京都知事など多くの行政関係者が来島されました。

世界に誇れる小笠原の美しい自然をいつまでも。

小笠原村

_24A7857_2018_6_30.jpg

Nanyo-Odori dance in the commemorative parade in Chichi-jima


_D6A5554_2018_6_30.jpg

Commemorative ceremony in Chichi-jima


_24A8154_2018_6_30.jpg

Minister of MLIT


_24A8118_2018_6_30.jpg

Governor of Tokyo


ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    

| Event・イベント | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

MOVIE “WAKITA PEAK”

WAKITA PEAK_A


As winter low pressures develop to the north of the Japan archipelago to typhoon strength near the Aleutian archipelago, their tremendous wind energy rocks the ocean greatly. These fluctuations shake the Pacific Ocean with nothing to interrupt the long journey of 3,700 miles, and they become ground swells, delivering huge swells to the North Shore of Hawaii.

The ground swells arrive at the North Shore and hit on a sharp, shallow reef near the coast, and the energy creates huge waves. This is Hawaii, where surfers gather from all over the world seeking big waves. The 7 miles coastline of Oahu's North Shore from Haleiwa to Velzyland is a sacred place for surfers called "Seven Mile Miracle". It is the dream of surfers to ride the huge tubes of the most beautiful and dangerous of them all 'Pipeline'.

One surfer who dedicated his life to the waves of 'Pipeline' is named Takayuki Wakita. He is the only surfer to leave his name on the tall peak of 'Pipeline'. I met him when he was a teen amateur surfer. Later on, he became a professional surfer and surfed at Oahu’s North Shore every winter season. I watched him surf at 'Pipeline' for many years. He always keeps a humble attitude and faces the waves of 'Pipeline' silently and with appreciation and respect to all things such as the ocean, waves, people, and Hawaii.

What is "living", what is "life", documentary films depicting Mr. Takayuki Wakita's life should have something to think even with people who do not surf.
Please come and see the Movie at the theater.

Wakita Peak

Wakita Peak/facebook


冬の低気圧が発達しながら日本列島を北上しアリューシャン列島付近で台風並みに発達すると、その凄まじい風のエネルギーは海を大きく揺らし、その揺らぎは遮るものが何もない太平洋を6000キロもの長い距離を旅をする間にグランドスウェルとなり、ハワイの北海岸(ノースショア)に巨大なうねりを届けます。

ノースショアに届いたグランドスウェルは、海岸近くの急激に浅くなるリーフに乗り上げ、そのエネルギーは巨大な波を創り出します。
ビッグウエーブを求めて世界中からサーファーが集まるハワイ。
オアフ島・ノースショアのハレイワからベルジーランドまでの11kmの海岸線は「奇跡の7マイル」と呼ばれるサーファーたちの聖地。
その中でも、最も美しくも危険な「パイプライン」の巨大なチューブをメイクすることはサーファーたちの夢なのです。

「パイプライン」の波に人生を捧げた一人のサーファー、そしてその波にただひとり名前が刻まれた男、脇田貴之
彼がまだ10代のアマチュア・サーファーの頃に知り合い、プロサーファーになり毎冬ノースショアに通いながら「パイプライン」でサーフィンをする姿をずっと見ていました。常に謙虚な姿勢を崩さず、海、波、人、ハワイ、全てのものに感謝と敬意を持って黙々と「パイプライン」の波と向き合う。

「生きる」とは何なのか、「人生」とは何なのか、脇田貴之氏の生き様を描いたドキュメンタリー映画は、サーフィンをしない人にも何か感じるものがあるはずです。
みなさん、ぜひ劇場でご覧ください。

Wakita Peak―ワキタピーク―

Wakita Peak―ワキタピーク―/facebook


ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    

| Event・イベント | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Yoshikazu Tanaka Photo Exhibition



I went to the photo exhibition of Mr. Yoshikazu Tanaka of Diving service "Deep Blue" which I sometime onboard for the photo shoot of Humpback whale.
A lot of beautiful pictures full of charm of Ogasawara Islands.
Photo exhibition will held at AIDEM PHOTO GALLERY "Sirius" in Shinjuku until the 16th.
Don't miss it!

AIDEM PHOTO GALLERY "Sirius" access


仕事で上京中に、ザトウクジラの撮影でお世話になっている父島のダイビングサービス"Deep Blue"の田中美一さんの写真展「東京都楽園物語 世界遺産、小笠原」に行って来ました。
小笠原の魅力満載の美しい写真の数々。
16日まで新宿のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で開催中ですので、みなさん是非足を運んでみてください。

アイデムフォトギャラリー「シリウス」・アクセス

_5120254_2018_5_12.jpg

_5120255_2018_5_12.jpg


ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    

| Event・イベント | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

A Phantom Bird



It used to rarely seen, that’s why it called "a phantom bird"...

There was ten years anniversary meeting of “ The Akapoppo day” held yesterday. “Akapoppo” is the nickname of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)
A National Natural Treasure, “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)is an endemic species of the Bonin Islands. You can see them only here in the world. They are on the Red List and in an extinction crisis.

Ten years past since serious conservation activities for “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon) started after “Red-headed Wood Pigion PHVA Workshop” which held in Chichi-jima Island in 2008. Researchers conjectured that there were only 40 to 100 inhabits before workshop. The number of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon) has been recovered to 400 to 500 now. You can recently see some young birds at the park inside of town during the bearing season of Banyan trees. The number of them slowly increased, However they are still in an extinction crisis.
Mana Nomoto has been capturing photo and video of them and involved in conservation activities since 2008.
Hope their habitat will continue to be protected and be able to encounter them as usual like long ago.


かつては、滅多にその姿を見ることができなかったので、「幻の鳥」と呼ばれていた。。。

昨日、「あかぽっぽの日の集い」10周年記念大会が開催されました。
アカガシラカラスバトは地球上で小笠原諸島にのみ生息する鳥で、国の天然記念物に指定されています。生息数は非常に少なく、環境省のレッドリスト(2006年)では「絶滅危惧IA 類」(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定され絶滅の危機に瀕しています。

2008年に父島で「アカガシラカラスバト保全計画づくり国際ワークショップ」が開催され、本格的な保全活動が始まってから10年が経ち、当初は生息数が40~100羽と推測されていましたが、その後の野生化したネコの捕獲や保全事業によって、現在では400〜500羽まで回復し、餌木のひとつのガジュマルの木が実る時期には町中の公園でも若鳥の姿を見かけるようになり、ゆっくりですが個体数が増えてきています。しかし、まだまだ絶滅の危機を脱したわけではありません。MANA野元も撮影や保全事業に関わってきましたが、今後も生息環境が守られ、昔のように普通にアカガシラカラスバトの姿を見られるようになってほしいものです。

_C080061_2017_12_8.jpg


_C080021_2017_12_8.jpg


Please see a short movie of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)

アカガシラカラスバトの映像をご覧ください。





ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    


| Event・イベント | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>