World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
http://ManaNomoto.com

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

アウトリガーカヌー Outrigger canoe

The canoe with single side float to add to stability called “Outrigger canoe” is used for as fishing and a marine transportation for a long time in islands of the South Pacific of Polynesia, Micronesia, Melanesia.

The outrigger canoe was brought into Bonin Islands by Westerners and the islanders of South Pacific who settled down in Bonin Islands for the first time in 1830.

The culture that came to the island from the South Pacific is succeeded to as an outrigger canoe race to become lively as a summer event very much in late years.


ポリネシア、ミクロネシア、メラネシアなどの南太平洋の島々では、安定性を増すためにカヌーの片脇にアウトリガーと呼ばれる浮子(ウキ)を備えたカヌーが、古くから漁や海上の移動手段として使われています。

1830年に小笠原に初めて定住した欧米人と太平洋諸島民によって、アウトリガーカヌーも小笠原に持ち込まれ、漁や移動手段として使われていました。

南太平洋から島に伝わった文化は、近年は夏のイベントとしてアウトリガーカヌーレースも行われ盛り上がりを見せています。


_MG_3544_2014_7_13.jpg


※ 写真はカヌーレース参加者の了承を得て掲載しています。

| Others・その他 | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mananomoto.blog.fc2.com/tb.php/247-e81f78a1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>