World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
http://ManaNomoto.com

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

“Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)

It used to rarely seen, that’s why it called "a phantom bird"...

A national natural treasure, “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)is an endemic species of the Bonin Islands. You can see them only here in the world. They are on the Red List and in an extinction crisis.

Researchers conjectured that there were only 40 to 100 inhabits until 7 or 8 years ago.
The number of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon) has been slowly recovered by fervent conservation activities and capturing wild cats, which started since 2008. Thanks to these efforts, people can recently see some young birds at the park inside of town during the bearing season of Banyan trees.

According to a theory, their numbers have increased to 200 or 300 lately. However the ecology of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)is still shrouded in mystery, and despite the recent increase in numbers they are still in an extinction crisis.

Please see a short movie of “Akagashira Karasubato”(Red-headed wood pigeon)



かつては滅多にその姿を見ることが出来なかったので、「幻の鳥」と呼ばれていた。。。

アカガシラカラスバトは地球上で小笠原諸島にのみ生息する鳥で、国の天然記念物に指定されています。生息数は非常に少なく環境省のレッドリストでは絶滅危惧IA 類(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定され絶滅の危機に瀕しています。

2008年に本格的な保全活動が始まる以前は、生息数は40~100羽と推測されていましたが、その後の野生化したネコの捕獲や保全事業によって、現在では餌木のひとつのガジュマルの木が実る時期には町中の公園でも姿を見かけるようになり、ゆっくりですが個体数が増えてきています。

しかし、生態は解明されていない部分が多く、まだまだ謎に包まれています。一説には200~300羽にまで個体数が回復したともいわれていますが、まだ絶滅の危機から脱したわけではありません。

それでは、アカガシラカラスバトの映像をご覧ください。





| Endemic species of animals・固有種(動物) | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mananomoto.blog.fc2.com/tb.php/422-4ab1a75e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>