World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
http://ManaNomoto.com

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

Bonin Flying Fox (Ogasawara ōkōmori)

Bonin flying fox(Ogasawara ōkōmori) is an only endemic mammal in the Bonin Islands.
It has a wingspan of 80cm(2.62 ft)to 90cm(2.95 ft)and feeds on fruit, nectar, pollen and leaves. They takes only juice and spits up fiber pellet.

Reduction of habitat by development, past food hunting and an accidental death of entangle in a farm products protective net.
Researcher estimate that populations is only about 200 to 300 now. About 150 in Chichi-jima Island, a small number in Haha-jima Island, about 150 in Minami Iwo-to Island、several in Kita Iwo-to Island and a small number in Iwo-to Island. They are facing extinction.

Bonin flying fox has been designated a natural monument in Japan and protected by “Act on Conservation of Endangered Species of Wild Fauna and Flora”.


小笠原諸島の唯一の固有哺乳類・オガサワラオオコウモリは、翼を拡げると80~90cmになる大型のコウモリで、果実や花の蜜・花粉、樹木の葉を食べ、水分のみを摂取し、繊維質はペレットと呼ばれる食べかすとして吐き出します。

開発などによる生息域の減少、過去の食用狩猟、農作物防護網に絡まる事故などにより個体数が減少し、現在の生息数は200~300頭(父島:約150頭、母島:極少数、南硫黄島:約100頭、北硫黄島:数十頭、硫黄島:極少数)と推定され、絶滅が危惧されています。

国の天然記念物に指定されているオガサワラオオコウモリは、2009年には「種の保存法」により国内希少野生動植物にも指定され保護されています。







ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!
    

| Endemic species of animals・固有種(動物) | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mananomoto.blog.fc2.com/tb.php/639-61c02a08

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>