World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
http://ManaNomoto.com

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

マッコウクジラ Sperm Whale

小笠原諸島の海ではたくさんの鯨類が見られます。
代表的なものとしては
一年中見られるミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ
マッコウクジラ、そして冬にやってくるザトウクジラ。

太平洋にぽつんと浮かぶ小笠原諸島は
深海からせりあがる海の山脈のてっぺんにあたるため
島の周りにはすぐに深い海が広がっています。

マッコウクジラはオスが体長約16m〜18m、体重約50トン
メスはやや小さく、それでも体長約12m〜14m、体重約25トンにもなる
歯クジラ最大のクジラで
潜水能力に優れ、1000mから2000mもの深海まで潜り
餌となる巨大なダイオウイカなどを探しています。
なんと3000mまで潜った記録もあるそうです。

普通、マッコウクジラは回遊をするのですが
小笠原諸島の海は天敵のシャチがほとんどいなく食べ物も豊富なので
子育てをするメスとこどもの群れが水深1000mから2000mほどの海域に
定住している珍しい場所です。





IMG_0940_7_14_2012.jpg


IMG_3223_7_20_2012.jpg


IMG_3215_7_20_2012.jpg



| Whale・クジラ | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mananomoto.blog.fc2.com/tb.php/92-dcda9ff7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>