fc2ブログ

World Natural Heritage・The Bonin Islands 世界自然遺産・小笠原諸島

世界自然遺産・小笠原諸島のイルカやクジラ、美しい自然や風景、撮影で訪れた世界各地の写真などを紹介しています。

 

野元写真事務所・MANA NOMOTO PHOTOGRAPHY・DREAMTIME PRODUCTIONS
https://ManaNomoto.com

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

オナガミズナギドリの巣立ちの季節 Season to leave the nest for Wedge-tailed shearwater

島全体が国の天然記念物に指定されている特別保護地区の南島は海鳥たちの楽園です。
毎年数多くのカツオドリ、アナドリそしてオナガミズナギドリがこの島で繁殖をします。
オナガミズナギドリは地面に穴を掘ったり、ラピエの隙間に営巣します。

南島で大きくなったオナガミズナギドリは11月中旬頃から巣立ち始めます。
それに伴い街の明かりに誘引されて島に飛来し人工物に衝突して落下したり、不時着する巣立ったばかりの若鳥も見られます。
オナガミズナギドリは平坦な陸地からは直接飛び立てないので、発見された若鳥は交通事故にあったり、ネコに襲われないように保護され、翌朝に海岸から放鳥されます。

Minami-jima island that is a special protection area where the entire island is designated as a national natural monument, is a paradise for seabirds.
Many Brown boobies, Bulwer’s petrel and Wedge-tailed shearwater breed on Minamijima island each year.
Wedge-tailed shearwater dig holes in the ground to nest or nest in crevice of lapie.

Wedge-tailed shearwaters that grow big in the Minami-jima Island begin to leave the nest in mid-November.
Due to this, young birds that have just left the nest attracted by the city lights and flying to the island colliding with man-made objects and falling or making an emergency landing.
Since Wedge-tailed shearwater can not fly directly from flat land. So, young birds that are discovered are protected from traffic accidents or attacked by cats and released from the beach the following morning.



地面に掘られた巣から顔を覗かせる巣立ち間近のオナガミズナギドリ
A Wedge-tailed shearwater almost to leave the nest peeking out from its nest in the ground.

学名:Puffinus pacificus
和名:オナガミズナギドリ(尾長水薙鳥)
 科:ミズナギドリ科
 属:ミズナギドリ属

Scientific name:Puffinus pacificus
Japanese name:Onaga-mizunagidori
Family:Procellariidae
Genus:Puffinus




ブログランキング参加中! クリックで応援よろしくお願いします!

| Animals・動物 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

https://mananomoto.blog.fc2.com/tb.php/2003-660be324

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>